よくある質問

 

母乳育児・おっぱいトラブルに関するQ&A

Q1 授乳したばかりなのにすぐ赤ちゃんが泣きます。寝たかな?と思ってベッドに置くとすぐ起きます。
母乳が足りていないのでしょうか?
A1

赤ちゃんは哺乳の欲求以外でもよく泣きます。母乳が足りているかどうかは体重増加で判断します。
授乳相談では体重測定、母乳を飲んでいる赤ちゃんの様子、母乳の分泌状況などおひとり、おひとりの状態をしっかり把握した上で、その方にあった授乳の提案をします。
赤ちゃんの泣き対応は、育児相談でも応じますので、お気軽にご相談くださいね。

Q2 マッサージや相談の時間はどれ位かかりますか?
A2

当院では単に「母乳が出ている、出ていない」をお話しするのではなく、ケア後にお母様が自信を持って授乳出来る様にしっかり時間をかけてアドバイスしています。初診は約2時間、再診は1時間半程度のお時間を頂いてます。時間がない方は短くする事も可能です。

Q3 時間が延長した時は追加料金はあるのですか?
A3

ございません。料金についてはこちらをご参照下さい。

Q4 マッサージは痛いですか?
A4

痛みの感じ方は個人差があるので何とも申し上げられないのですが、炎症の強い乳腺炎ですと痛いと思います。軽度の乳腺炎や母乳の流れを良くする為のマッサージでは皆様、途中で寝てしまわれるので痛くないようです。

Q5 よくネットで母乳を出す為には厳しい食事制限をして、ずっとマッサージに通わなければダメと書かれていますがそんなものですか?
A5

母乳育児はお母さんと赤ちゃんの共同作業です。「これさえ、やれば大丈夫!」という鉄則があるわけではないのです(お食事については一言では言い切れない生活習慣なので伺った際に…)。
お母さんが必死に頑張っても赤ちゃんなりの理由があったり、赤ちゃんもお母さんもやる気満々でも体の準備が出来ていなかったり…。
大切なお子様の為に母乳確立を願われる気持ちは素晴らしく、その為の努力はとても尊いものです。
でも一番、忘れてはならないのはお子様との生活を楽しむ事、そしてお子様の健やかな成長です。
お母さんと赤ちゃんにとっての「ちょうどよい加減」をご一緒に探しましょう。
ですから色々なアドバイスはさせて頂きますが選択をするのはお母様です。
育児相談を兼ねてこれ位の頻度で来てほしい、とご要望される方もいらっしゃいますし、とりあえず気になっていた事が解決したからOK!と1回で終了される方もいらっしゃいます。
混合授乳をご希望の方もお気軽にご相談下さいね。

Q6 母乳は出ていると思うのですが、赤ちゃんがイヤイヤをして飲んでくれません。私の母乳がおいしくないのでしょうか?
おっぱいは張っていて母乳は出ていると思っていたのに体重があまり増えていなかった…。
A6

分泌過多かもしれませんね。母乳相談というと分泌不足、と思われがちですが、このようなご相談も意外と多いです。母乳が出すぎてお困りの際もご相談下さいね!
又、「母乳が出ている≠母乳が飲めている」ではありません。授乳の姿勢やおっぱいの吸わせ方も丁寧に指導します。

Q7

とにかくおっぱいが痛い!風邪の症状はないのに高熱が出た!おっぱいが岩のよう!赤くなった!
乳首が痛い!乳首に白いニキビみたいなものがある!乳首が切れている!これって?

A7

おっぱい・乳首のトラブルはとても辛いものです。おひとり、おひとりにあった予防策や原因についてお話しさせて頂きます。「おっぱいが詰まってとりあえず病院に行ったけど薬だけで出されて辛い」とご連絡を頂き、マッサージですぐ改善する方もいらっしゃれば、「おっぱいが詰まって赤くなってます。マッサージをお願いします」とご連絡を頂き伺ったら炎症がひどく、マッサージの適応ではなく乳腺外科の受診をお勧めし、食事や生活の注意事項、受診後のケアについてお話しさせて頂くケースもございます。

残念ながら直接、症状を見て確認しないとお電話での聞き取りだけでは判断しかねますので、まずはこちらからご予約下さい

Q8 上記のQ&Aにのってない授乳相談にはどんな事がありますか?
A8

上のお子様がまだ卒乳していないので、生まれた赤ちゃんとおっぱいの取り合いになっている、双子ちゃんの授乳、仕事復帰後の授乳とおっぱいケア、卒乳のタイミングと方法、離乳食との兼ね合い、遊び飲み対応、赤ちゃんが夜何時間も寝てしまう、昼は寝るのに夜は頻回授乳…等々、本当に多種多様です。

 

育児全般に関するQ&A

Q1 初めての育児でわからない事が多いです。育児相談はどんな事でもよいのですか?
A1

はい!勿論大丈夫です!育児中は授乳だけではなくたくさんの心配事が出てきますよね。赤ちゃんの泣き対応、抱っこ紐の使い方、ベビーバス卒業後のお風呂の手順、離乳食の進め方…etc.
又、初めて育児をされる方だけではなく、二人目、三人目育児で上のお子様への対応や家事と育児の両立が上手くいかない、仕事復帰後の生活リズムの作り方等たくさんのご相談をお受けします。
お子様の個性も生活環境も十人十色ですが、何万人もの母子を見守り培った生活の知恵は「育児」というカテゴリーを超えてお手伝いできると思います。

Q2 訪問産後ケアはどんな事をしているのですか?どうして助成されていないのですか?
A2

ご自宅に伺い、授乳相談・母体ケア(全身のマッサージや肩こり体操の実演等)・沐浴等をトータルでサポート致します。ケアの内容はご要望に合わせ臨機応変に対応しております。
これまでの実績では上記のトータルサポート以外にもご家族への沐浴指導、育児指導、家事と育児の両立のレクチャー、中には「とにかく寝たい…。3時間、赤ちゃんのお世話をしていてくれれば良いです。」といったご利用もありました。ご自分の身体と心をいたわり、心配事をいっきに解消する!!それが当院の産後ケアです。
産後のお母さんと赤ちゃんはとても繊細で沢山の支援が必要です。病院で出産すると数日で退院となり、まだまだお母さんの身体が本調子ではなく、赤ちゃんの授乳も大変な時期です。お母さんが産後の疲れを癒し、早く元気になる事で育児がスムーズになります。
産後、実母さんやご主人に沐浴をお願いするつもりでいたら「腱鞘炎になってしまった!!」「ぎっくり腰になっちゃった!」といったケースや実母さん・お姑さんがご高齢で産後扱いを頼めない、ジェネレーションギャップでケンカをしてしまった、等様々な理由でご利用されております。ご両親やお友達の出産祝いでご利用される方もいらっしゃいます。
お得なパック料金もございますの連続利用される方はご相談下さい。
(平成28年度は宿泊施設のある助産院のみが助成対象になっています。一定の利用条件はありますが、産後ケアがとても身近になりました。是非、ご活用下さい!詳細はこちらから

Q3 「育児ノイローゼかもしれません…」「妻が産後うつではないかと思うのですが…」など
産後メンタルケアとはどういうものですか?
A3

お産後はホルモンが妊娠中と劇的に変化する事に加え、慣れない育児に追われご自分の心と身体を酷使してしまいがちです。気がつくと身も心もボロボロ…なんて事も珍しくはありません。
通常の育児相談ではなく、産後特有の心の悩みに寄り添う、対話によるメンタル・ケアです。メンタルケアの専門家としてあなたのありのまま、心の中を吐き出せるように心をこめてお話をお聴きすることで、産後の気持ちを癒し、自信を持って育児に向かえるようにサポートします。
「みんな出来ているのにどうして私にはできないんだろう?」「やらなければいけない事はたくさんあるのにどこから手をつければいいのかわからない」「こんな事言ったら母親失格って思われるかな…」
大丈夫ですよ。私は「母親としてのあなたを評価」なんてしないのですから…。心が疲れた時には何にもとらわれず、心の全てを話す心地よさを味わって下さいね。

 

妊婦健診についてのQ&A

Q1 色々、心配な事が多いのですがゆっくり相談にのってくれますか?
病院の健診と何が違うのですか?
A1

妊娠中は赤ちゃんが授かって嬉しい反面、心身に色々な変化がありますから心配事も多いでしょう。当院では1時間〜1時間半の時間をかけてゆっくり妊婦健診を行います。
体調や疑問点、不安な事等お話を伺った後、お腹や腰の触診、下半身のリンパマッサージ等専門家の視点からみたお身体の状態説明を行い、安産に向けた身体づくりのアドバイスをさせて頂きます。
病院との共通点は尿検査・血圧測定・体重測定・超音波検査です。助産師は超音波診断はしてはいけないルールがありますので(病院で検査技師さんが超音波で見えた画像の説明を患者様にしてはいけないのと同じルールです)、赤ちゃんや胎盤等の異常の有無は血液検査等と共に妊娠中5回のポイント健診で嘱託医療機関で医師に診てもらいます。

Q2 自宅でも超音波検査はするのですね?3Dですか?
A2

2Dエコーです。携帯超音波ですから画像は病院のものより劣りますが、赤ちゃんの様子を説明しながらゆっくりと見られますから様子がよくわかるとご好評を頂いております。

Q3 夫や上の子がいても大丈夫?
A3

妊婦様がご希望される方であればどなたがいらしてもかまいません。特に上のお子様は健診のお手伝いが大好きです(笑)
妊娠に伴う様々な疑問・質問はむしろ、ご主人様から沢山頂きますし、安産に向けての身体づくりのお話し等は実母様が興味を持たれます。新しい家族を迎える準備はお母様だけではなく、周りを巻き込み、一緒にワクワクするのも良いものではないでしょうか?

Q4 妊婦健診は自宅出産する方だけですか?
A4

原則、そのように対応しております。病院等でご出産される方が当院の妊婦保健指導をご希望の場合、内容は変わりませんが自費になります。

 

自宅出産についてのQ&A

Q1 誰でも自宅出産できますか?自宅出産は安産と聞いたのですが・・・。
A1

助産師が立ち会える出産は正常産のみとなります。詳しくはこちらをご覧ください。
自宅出産だから安産なのではなく、自宅出産出来るような身体づくりをする事で結果的に安産になる…という事だと思います。安産はお母様の努力とご家族の支えが創りだすものなのです。

Q2 フリースタイルは楽だとか、痛くないと聞くけれどどうですか?
A2

痛みの感じ方は個人差がありますから、何とも言えません。又、初産の方は比較するものがないので楽なのか、そうでないのかは体感しづらいかもしれません。
経産婦様で一人目を分娩台でご出産された方は楽だったとおっしゃいます。又、分娩進行中に赤ちゃんが楽、お産の進み方が早いという点ではフリースタイルは優れた方法です。

Q3 誰でも出産に立ち会えますか?
A3

産婦様が安心してお産に集中できる方の立ち合いであればどなたがいらしてもかまいません。
「上の子がお産の時にじっとしていられるかしら?」「私が痛がって叫ぶのを怖がらないかしら?」経産婦様からよくお受けする心配事です。まず、ご自分の家なのですからそもそも“じっとしている”必要なんてないのです。そして「上の子に立ち会わせよう」ともしなくて良いのです。不思議なものでそれまで我関せずで自分の遊びに没頭していた子も、赤ちゃんが生まれる時は自らそばにやってきて誕生を見守ってくれたり…産婦様が痛がる様子を最初は半べそで怖がっていた子も次第に必死に応援したり…赤ちゃんとお産のパワーにはいつも驚かされます。1〜5歳位のお子様であれば、あまり心配しなくとも良いでしょう。通常、お産は月の満ち欠けや潮の満ち引きに影響を受けて進行する事が多いのですが、ご主人の出張やお仕事の都合で“この日のこの時間なら立ち合い出来るけど…”の希望を叶えてくれたり、「絶対、赤ちゃんが生まれてくるのを見る!!」と張り切っているお兄ちゃん、お姉ちゃんが眠くならない時間に生まれてきてくれたり…。赤ちゃんって本当にみんなに良いタイミングをばっちり狙う力があるようです。   

Q4 お産後はどのようなケアが受けられるのですか?
A4

原則、出産当日・翌日は午前・午後の2回、3〜5日目は1回、2週間健診、1ヶ月健診までご自宅でケアをします。授乳指導、育児指導、沐浴、お母様の身体と心のケア、スクリーニング検査、体重測定、K2シロップの投与等々お産後のお母様と赤ちゃんが健やかに安心して過ごせる為に必要なケアを全て行います。又、必要に応じて1日の訪問回数や日数を増やします。全て分娩費用の中に含まれており、追加料金を頂く事はございません。

Q5 母乳で育てたいのですが大丈夫でしょうか?
A5

自宅出産はお産による疲労が最小限で、精神的にリラックスできるのが最大のメリットです。
自分のテリトリーで出産、育児をする事の恩恵を一番受けるのが母乳育児だと思います。
赤ちゃんと同じ布団で過ごし、泣いたらすぐおっぱいをあげるという事を繰り返す事で母乳栄養を早期に確立させる方が多いのは事実です。ですが赤ちゃんの状態によっては医学的にミルクを足す必要のあるケースもあるのでご了承下さい。一時期ミルクを足したから母乳が出なくなるなんて事はありませんし、ご希望で1ヶ月以降も母乳栄養が確立するまでサポートしますのでご安心下さい。

Q6 夫や家族が自宅出産を反対しているのですが…。
A6

産み場所はお母様自身が安心してリラックスできる場所が一番と思います。ご主人やご両親が反対のままでは自宅出産されてもリラックス出来ないのではないでしょうか?
当院ではご予約を受ける前に必ずご主人と一緒に自宅出産についてのお話をさせて頂いてます。この初回マタニティコンサルティングは自宅出産を勧める為のものではなく、出産全般についてお話しています。コンサルティングを受けて『自宅出産に憧れていたけど私は病院で産んだ方が安心できるのかも』と自分に合った産み場所を知る方もいます。又、産後扱いをしてくれる実母さん等がおらず、養生の為に他の助産院で入院分娩を勧めるケースもございます。
特に一番の理解者となるご主人とはよく話し合って、ベストな場所で赤ちゃんを迎えて下さいね。

 

その他のQ&A

Q1 マタニティコンサルティングとは何ですか?
A1

妊婦様の安産を願い、産む場所のご相談をお受けしております。
病院・クリニック・助産院・自宅出産等医療機関の選択だけではなく、どんなふうにお産をしたいか里帰りが良いのか、自宅近くが良いのか…妊娠診断をしてもらった産婦人科は出産できますか? 妊娠は嬉しいけど何から手を付けてよいのやら…という方も多いのでは?
どんな事でも遠慮なく、ご相談下さい。

Q2 妊娠を継続するか迷っています…。これもマタニティコンサルティングですか?
A2

はい、お一人で悩んでいらっしゃるのですね。あなたの気持ちが整理できるお手伝いをします。
私はあなたの決断がどちらでも肯定します。秘密は勿論、厳守しますし、相談場所はどこでも指定された場所に伺います。